快適にする為の行動|専門業者へ査定を依頼する|不動産売却に必要なポイント

専門業者へ査定を依頼する|不動産売却に必要なポイント

玩具の家

快適にする為の行動

住宅

土地について(旧借地権、賃借権)

一戸建てについて説明いたします。一戸建ての土地には所有権と賃借権の2種類があります。所有権については、その名の通りでその土地の所有者となります。賃借権は毎月決められた土地代を契約満期まで支払い続ける内容となります。また、賃借権についてはさらに2種類あり、旧賃借権(旧借地法)と賃借権があります。旧賃借権(旧借地法)と賃借権の違いについては契約期間以降の土地の所有にあり、旧については延長が可能となります。原則60年間が可能となります。賃借権については契約期間を経過すると、再契約も可能ですが20年までという内容となります。一戸建てを建築する上で上物以外に土地も重要になりますので土地についてもニーズに合ったものを選ぶ必要があります。

一戸建ての建築について

一戸建てについては建物について解説していきます。建物については、購入時に様々な希望がありますが、一戸建てで気にするポイントですが、日当たりや電気のコンセントや水回りについても考えなくてはいけません。電気のコンセントについては最初の設計の説明で配置していきますが、図面だけのイメージで検討しているだけあり、実際に住むところが足りないというのが出てきます。できるだけ最初に住むイメージやどこに電気を集中させるかなど検討してから設計書におとしこむべきであると考えます。また、安い素材を使うと家は寒くなります。少し費用が掛かっても家が寒くならないように検討をしていきましょう。水回りについても2階より1階のほうが有利です。快適な戸建生活に役立てばと存じます。